KATO 683系サンダーバード リニューアル車の増結セットを動力化します。
あと、ヘッドライト専用基板(中間先頭車用)も取り付けます。
この基板取り付けに関して、少々問題も有りましたので、後ほど解説を
OLY11329_R
ASSY部品届きました
OLY11334_R
OLY11336_R
今回は増結編成の動力化セットにはモーター台車とヘッドライトユニットが同梱されているんですね
以前は別々に手配が必要だったのですが、コレは便利です。
OLY11337_R
OLY11338_R
台車をそのまま交換なので、とても簡単です。
OLY11339_R
次はヘッドライトユニットを組み込みます
OLY11340_R
集電用の長い板のみ入っています
OLY11341_R
ライトユニットを入れます。赤いLEDが下に成るように
OLY11342_R
長い集電板の凸部分にパンタグラフの様な集電板をいれます。この時切れ目がある方が下に来ます。
ここポイントになります。後ほどここが問題に
OLY11343_R
OLY11344_R
OLY11345_R
点灯確認
では次、中間先頭車用のヘッドライト専用化基板を入れます。
OLY11346_R
OLY11347_R
OLY11348_R
OLY11349_R
OLY11350_R
図説の通りに入れて、連結時に必ずヘッドライトが点灯する様になりました。
で、この基板もう片方の6両基本セットの車両にも取り付けないと、常時ヘッドライトが点灯になりません
ので、下部の点灯切り替えスイッチを交換しましたが、点灯しません。何故なのか?
OLY11351_R
基本セットの車両をバラしてよく見ると先程のパンタグラフ状の集電板が反対に取り付けられていました
【上の写真は床板を外した時にずれたので、正規の状態に戻して取り付けました、実際にはこのパンタ
状の板バネが反対になっていました】
OLY11352_R
この状態で無いと
OLY11353_R
ヘッドライト専用基板の接点に当たらな無い、というか集電バネが反対だと接点両方に接触して
しまい、機能が果たせなくなっていました。
KATOの組み付けラインの担当者さんが反対に取り付けて居ました。
この状態では、ヘッドライト専用基板を取り付けても点灯しなくなります。
基板を取り付けても点灯しない場合、この箇所を確認して正規の状態にする必要が有ります。
集電バネですが、取付し難いので、反対に取り付けている様なので、組付け担当者が面倒くさがった
のでは?と勘ぐります。
それに接点位置が微妙なのか、基板位置が少しずれると点灯しないという状態になります。
下側のカバーを取り付けただけでも不点灯になったり・・・
あまりオススメできる物ではないなぁー 面倒ですこの基板は・・・
OLY11354_R
OLY11355_R
OLY11356_R
これで中間先頭車のヘッドライト点灯化が完了です。
ただ、これだと必ず固定編成で走らせないと・・・分離して走らせる場合、テールライトが点灯しませんので
基板を外す必要が出てきます。
これなら増結セットを動力化する意味があまりないかな?
中間先頭車を点灯させる車両はべつのモノにしますかね?

クローゼットの中のおもちゃ箱 セレクトショップ楽天ROOM リンク




Amazon ホビー カテゴリーリンク Amazon 鉄道模型 カテゴリーリンク
Amazon ラジコン カテゴリーリンク Amazon プラモデル カテゴリーリンク
Amazon エアガン カテゴリーリンク Amazon フィギュア・ドール カテゴリーリンク


送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場   【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい! TAMIYA SHOP ONLINE  鉄道模型 ホビーサーチ キャラ&ホビー格安あみあみ 『駿河屋』 フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】

次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!
鉄道コム