先週届きました、KATO HO EF81 入線整備を行います。
まずは、アップグレードパーツの取り付けですねー なかなか多い(笑)

OLY28771_R
OLY78774_R
OLY78776_R
ボディの隙間に爪楊枝をさして慎重に・・・重いからねー

OLY78777_R
OLY78778_R
OLY78779_R
穴あけ中は慎重に、ピンセットで慎重に作業なんで、途中の写真は割愛
タミヤのクラフトツール用のピンセットはいいですねー 使いやすい安い方使ってましたけど
やっぱり高いのはしっかりしてる
それとボンドですけど、セメダインの模型用ハイグレードはこういう部品の取り付けに最適
ですね~ ボンド系とは違いはみ出した部分を水拭き出来るのはいい

OLY78780_R
OLY78781_R
OLY78782_R
OLY78783_R
OLY78784_R
屋根上の機器の穴・・・ミスったけど伸ばしランナーで塞いだ^^;

OLY78785_R
OLY78786_R
いい面構えですよ

下記の内容は改造になりますので、個人の責任にてお願いします。
メーカーに凸ったりしないでね

次、ヘッドライトのPWM方式のトミックスN-1001CLに対応させるべく、コンデンサー
をいじります。
このEF81は上記コントローラーだと、ボリュームを上げると先に動き出し、スルッと
動き出した後にヘッドライトが点灯します。
常点灯ボリュームを上げても同じなので、停止時に点灯してくれません
OLY88787_R
表側 左側のLEDの右側にある茶色のモノがコンデンサーですねー
で、今回はこの一枚の基盤がヘッドライトとテールライトの基盤となっています
OLY88788_R
裏側がテールライトになって折、こちらもコンデンサーがついてますね
ただ、私の運用としてはヘッドライトのみが常点灯になればいいので、表側のコンデンサー
を外します。
OLY88789_R
無理やり点灯させてます。 コンデンサーついてる状態

OLY88790_R
コンデンサーを半田ごてで加熱して外しました。
停車状態でトミックスPWM方式コントローラーで点灯出来ました。

OLY88791_R
停車中ヘッドライト点灯

OLY88792_R
前後進させてみても問題なく
今回は、逆起電流が目立ちませんね~ コンデンサーなしで問題なさそう
モーターが二個あるからなのかな?
それにテールライト側のコンデンサーは取り外してないので、そちらで吸収しているのか?
その辺りは分かりませんがねー

OLY88793_R
この状態で良しとします。

OLY88796_R
OLY88797_R
OLY88798_R



動画としては、こんな感じですね



クローゼットの中のおもちゃ箱 セレクトショップ楽天ROOM リンク






Amazon ホビー カテゴリーリンク Amazon 鉄道模型 カテゴリーリンク
Amazon ラジコン カテゴリーリンク Amazon プラモデル カテゴリーリンク
Amazon エアガン カテゴリーリンク Amazon フィギュア・ドール カテゴリーリンク

次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!
鉄道コム

PVアクセスランキング にほんブログ村


鉄道模型ランキング