以前、購入しましたTOMIX製 箱根登山鉄道3000系アレグラ号
こちらについて、コメントにて動力性能が悪い、昔のTOMIX製ベルニナの様な強力な物が良かったと
いただきました。

正直、私はこのお話は納得出来ません。
私の手元にある同製品は動力もスムーズですし、平坦線で有ればなんら問題なく走ります。
私の持つ、試走線、クローゼット内環状線、600×900サイズのレイアウトに於いても問題なく
走行しますし、ギクシャクするような感じも殆どしません。

その為、動力が非力とも思いませんし、また、昔の製品の様に車両全体にウェイトが載っていて
室内空間がまったく見られないのはつまらないと思います。

今回の3000系ですが、決して新しい機構を組み込んでいるわけでもなく、従来の技術の上に
できている製品ですので、目新しさは有りませんが、それでも外観の観光列車としての感じは
よく出来ていると思っています。

さて、私のところの平坦線では問題無いですが、勾配ならどうなのか?
ということで、一度テストを実施します。

OLY88337_R
いつものクローゼット内環状線の直線部0.7m程度の部分を勾配させます。
OLY88336_R
 0.7mで40mmです。基本的に鉄道模型メーカーでは1.0mで40mm 4%としていますので、今回のテストは
それ以上の勾配に成ります(計算するの面倒です(^^ゞ)
OLY88339_R
 即席でバルサ材とレゴブロックで勾配を作成
OLY88340_R
 直線区間のみ勾配を設けました。
急曲線の勾配などは車両への負担が大きいので、その辺りは実地のテストが必要と考えます。
私も600×900レイアウトを作成する際に、箱根登山鉄道をモデルに考えましたが、勾配の問題と
入線車両が限定されるのを嫌って、平坦線のレイアウトに変更した経緯があり、結構勾配でのテスト
を繰り返した経験があります。

後ほど動画を見て頂ければと思いますが、何ら問題なく登り降りします。
OLY88343_R
 もう少し勾配をきつくします。0.7mで50mm 5%以上に成ります。
OLY88344_R
結構急な勾配に成ります。
これでも、問題なく登り降りしました。
直線で、この程度まで登り降りが出来れば問題無いと思います。

工業製品ですので、当たり外れも有るとは思いますし、不運にも初期不良に当たったとしたら、もうメーカー
に連絡して交換なり修理なりをしてもらうのが基本だと思います。

ですが、動力性能については、今回の紹介の通り、基本的に問題無いと思いますので、昔の製品仕様
で再販は勘弁して欲しいです、

線路側のメンテなどが問題なければと思います。少し前に集電改善の為に塗る液体が有りましたが、
あれは止めたほうがいいとの話を聞きます。
かなりスリップする様ですし、車輪や線路側が汚れるとの話も聴きます。
勾配線区では、このスリップが問題になりますし、線路が汚れれば動くものも動きませんし、この辺りは
日々メンテしてのお話だと思いますが、この辺りが問題なく、登れないとか走らないなら他に原因が
有るのかもしれません。

基本的に私の考えとして、私自身が購入したもので、それの評価をしています。
悪いと感じたら、私の責任に於いて悪いと書きたいと思います。
良ければいいと書きます。

他者の方が、コメントにて書き込まれる内容で、この部分に言及する場合、私の責任のブログとしては
表示したくありません。私の責任の中に他者の言葉で、私の意に反する事を掲載したくないからです。

もし、どうしてもこの製品について、何か仰りたければ、ご自分のブログなりホームページ、SNSを使用して
発信して下さい。
私が代弁するのはお断り致します。

このTOMIX製箱根登山鉄道3000系アレグラ号に関して、私の判断はとてもいい製品だと思います。
これが私の意見ですので、これを覆すつもりは有りません。
たまたま、不良に当たっただけの話だと思いますので、メーカーへご相談の上、解決 して下さい。
それでも何か書きたい、言いたいのであれば、ご自分のブログやSNSでお願い致します。

動画を見て頂ければ、何ら問題が無い製品だとお分かりに成ると思います。








Amazon ホビー カテゴリーリンク Amazon 鉄道模型 カテゴリーリンク
Amazon ラジコン カテゴリーリンク Amazon プラモデル カテゴリーリンク
Amazon エアガン カテゴリーリンク Amazon フィギュア・ドール カテゴリーリンク


送料無料の情報が満載!ネットで買うなら楽天市場   【Yahoo!ショッピング】豊富な品揃え! 探しやすい! TAMIYA SHOP ONLINE  鉄道模型 ホビーサーチ キャラ&ホビー格安あみあみ 『駿河屋』 フィギュア・プラモデル【コトブキヤダイレクト】

次のブログランキングに参加しています!
モチベーションを維持するために、下のボタンを ☆ポチッ☆ とお願いします。
お手数ですが、よろしくお願いします!
鉄道コム